デュアスラリアは化学物質の塊で危険?副作用の心配は?

デュアスラリアというダイエット支援サプリメントの成分を見ると化学物質ばかりで危険な感じがしますよね。健康被害や副作用の心配はないのでしょうか?

TOP PAGE

デュアスラリアは飲んだら危険?副作用は?

デュアスラリアには毒物は含まれていませんので、飲んでも即死するという心配はありません。

販売元のエバーライフも、デュアスラリアは健康食品のため、薬のような副作用の心配はないと断言しています。

これまでに健康被害の報告が1件もないことから安心して飲んで欲しいと販売元はアナウンスしています。

しかし、本当に何の心配もなくデュアスラリアを飲んでも問題ないのでしょうか?

やはり、デュアスラリア 怪しいのではないかと心配するのも当然のことでしょう。

結論を言えば、デュアスラリアを飲む前にいくつか気をつけなければいけないポイントが存在します。

大きく以下の3点となります。

食物アレルギー

デュアスラリアに含まれる成分で食物アレルギーが懸念されるのは、ローヤルゼリーと大豆イソフラボン、キトサンです。

これらのアレルギーがある人は、デュアスラリアを飲まないほうがいいでしょう。

ローヤルゼリーに対して食物アレルギーがある人が摂取すると、喘息が起こる場合がありますし、過去にハチに刺されたんどの理由で蜂毒に対するアレルギーが有る場合には、アナフィラキシーショックが起こって死亡する危険もあります。

大豆イソフラボンは大豆から生成されますので、大豆アレルギーの人にとっては極めて危険です。

キトサンはカニから製造されますので、甲殻類アレルギーがある人にとっては危険です。

過剰摂取

デュアスラリアは1日4粒〜6粒程度が適量となっていますが、過剰摂取をしないようにするために重要なポイントです。

効き目を強くしたいからと言って多く飲む人がいますが、よく効くようになるどころか、かえって体調不良を引き起こすおそれがありますので、適量に抑えておくようにしましょう。

下痢や便秘、吐き気、生臭い体臭などの副作用が出る場合があります。

他のサプリや薬との飲み合わせ

デュアスラリアを推奨量飲んでいたとしても、同時に他のサプリメントや薬を同時に飲んでいると、一部の成分が過剰摂取になったり、お互いに効果を消し合ってしまうケースも出てきます。

特に、妊娠中や授乳中の人、貧血気味の人、低血糖・糖尿病の人、その他の処方薬を飲んでいる人は注意が必要です。

>>デュアスラリアの詳細はこちら

デュアスラリアに含まれている成分

デュアスラリア「BURN」

原材料

ガルシニアエキス、還元麦芽糖水飴、デキストリン、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス、ナイアシン、微粒酸化ケイ素、ビタミンB1、ビタミンB2、ステアリン酸カルシウム、唐辛子香料、ビタミンB6、光沢剤、グァーガム

栄養成分表示

エネルギー 2.74kcal、たんぱく質 0.07g、脂質 0.01g、炭水化物 0.76g、ナトリウム 3.89mg(4粒1.2gあたり)

デュアスラリア「BLOCK」

原材料

ガルシニアエキス、還元麦芽糖水飴、コラーゲンペプチド、白いんげん豆抽出物、乾燥ローヤルゼリー、ギムネマシルベスタ抽出物、大豆胚芽抽出物、キトサン、ウーロン茶抽出物、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ラック色素、光沢剤、グァーガム、(原材料の一部にゼラチン、大豆、カニを含む)

栄養成分表示

エネルギー 2.88kcal、たんぱく質 0.15g、脂質 0.02g、炭水化物 0.66g、ナトリウム 5.51mg (4粒1.2gあたり)

ダイエットの最中に気になるのが

ビタミンであるとかミネラル、鉄分を補充するような時にもってこいのものから、内臓付近にストックされた脂肪を燃焼させるダイエット効果が得られるものまで、サプリメントには多彩な商品が見受けられます。かつてエジプトでは、抗菌性を持つことから傷病を治すのにも使用されたというプロポリスは、「免疫力がダウンしてしまうと直ぐ病気になる」といった人にもオススメの食品です。女王蜂に供するエサとして産み出されるローヤルゼリーは、大変高い栄養価があることが証明されており、その栄養の内の一種であるアスパラギン酸は、高い疲労回復効果を誇っています。医食同源という単語があることからも理解できると思いますが、食べ物を摂るということは医療行為と同じものなのです。栄養バランスが気にかかるのでしたら、健康食品を取り入れてみてはどうですか?パワーあふれる身体を作り上げたいのなら、何よりしっかりした食生活が肝要になってきます。栄養バランスを考えて、野菜を中心に据えた食事を取るように心掛けましょう。幸い売られているほとんど全ての青汁は非常にさわやかな味となっているため、野菜嫌いのお子さんでも甘いジュース感覚でぐいぐい飲むことができます。健康な体の構築や美肌に有益なドリンクとして利用されることが多い注目の黒酢ですが、過剰に飲み過ぎるとお腹に負担をかける心配があるので、毎回水で希釈した後に飲用するようにしましょう。栄養フードの代名詞である黒酢は健康目的に飲用するほかに、中華料理や日本料理など幅広い料理に使用することが可能な調味料でもあるわけです。まろやかなコクと酸味で「おうちご飯」がさらに美味しくなること請け合いです。運動に関しては、生活習慣病を食い止めるためにも重要です。過激な運動を実施することまでは不必要だと言えますが、状況が許す限り運動に努めて、心肺機能がダウンしないように気を付けてください。カロリーが高いもの、油脂成分が多く含まれたもの、砂糖が多量に入っているケーキ等々は、生活習慣病の元凶だとされています。健康に過ごすためには粗食が基本だと言っても過言じゃありません。ダイエットを続けると便秘で苦労するようになってしまうのはなぜかと言うと、カロリーを抑えるが故に体の中の酵素が足りなくなる為だということがはっきりしています。ダイエットをしている間でも、意識して野菜を食べるようにしなければいけません。朝と昼と夜と、決まった時刻に栄養バランスに特化した食事を取ることができるなら特に必要ないですが、多忙な現代の人々にとっては、手間ひまかけずに栄養を補える青汁はすごく便利です。コンビニのカップラーメンやお肉系飲食店での食事が連続するとなると、カロリーが多すぎる上に栄養バランスが悪くなるので、内臓脂肪が付く原因となる可能性大で、体に悪影響を齎します。ダイエットの最中に気になるのが、食事制限による栄養バランスの崩れです。野菜の栄養がぎゅっとつまった青汁を朝・昼・晩のどれかと置き換えるようにすると、カロリー制限しながらきちんと栄養を補うことができます。黒酢というものは強酸性でありますから、直接原液を飲むと胃に負担をかけてしまう可能性大です。毎回ミネラルウォーターなどで大体10倍程度に希釈してから飲用しましょう。

ダイエットにチャレンジしても

「ストレスでムカムカするな」と自覚したら、一刻も早く息抜きするのが一番です。キャパオーバーすると疲れを解消できず、健康に影響を与えてしまうことがあります。ストレスは多くの病のもとであると言われるように、あらゆる病の要因になると想定されています。疲れたと思ったら、十二分に休みをとって、ストレスを発散するのがベストです。長期的な便秘は肌が老いる要因となります。便通が滅多にないと苦悩しているなら、マッサージや運動、更には腸に効果的なエクササイズをしてお通じを正常化しましょう。お酒がやめられないとおっしゃる方は、休肝日を決めて肝臓をリフレッシュさせる日を作るべきだと思います。あなたの生活を健康を意識したものに変えることによって、生活習慣病を抑止することができます。食物の組み合わせを考えて3度の食事をとるのが簡単ではない方や、忙しくて3度の食事を食べる時間帯がいつも異なる方は、健康食品を取り入れて栄養バランスを是正しましょう。カロリーが高めなもの、油っぽいもの、砂糖が多量に入っているケーキなどは、生活習慣病の動因だと言って間違いありません。健康のためには粗食が一番です。「日々忙しくて栄養のバランスを優先した食事を取るのが難しい」という方は、酵素の不足分を補う為に、酵素が入ったサプリメントやドリンクを利用するべきだと思います。ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉や蜂蜜から生成する天然の栄養素で、美容効果が見込めるとして、若々しい肌作りを狙って服用する方が増えています。古代ギリシャにおきましては、抗菌性を持つことから傷病の手当てにも使用されたとされているプロポリスは、「免疫力がダウンしてしまうと直ぐ病気に罹る」という方にもオススメの食品です。体を動かさずにいると、筋力が低下して血液の巡りが悪くなり、その上消化管の動きも低下してしまいます。腹筋も弱まるため、腹腔内の圧力が低下し便秘の大元になるとされています。トレーニングには筋肉をつける他、腸の動きを活発化する作用があることが証明されています。運動量が少ない女性を見ると、便秘で頭を抱えている人が稀ではないようです。「水で伸ばして飲むのも合わない」という人も多い黒酢製品ですが、ヨーグルトドリンクに足してみたり豆乳を基調にするなど、気分に合わせて工夫すれば飲みやすくなるのでオススメです。「ダイエットにチャレンジしても、食欲に勝つことができず失敗してしまう」と言われる方には、酵素ドリンクを飲みながら敢行するプチファスティングダイエットがフィットすると思われます。宿便には有毒性物質が多量に含まれているため、肌トラブルの原因となってしまうと言われています。美肌を維持するためにも、普段から便秘になりやすい方は腸の健康状態を良くすべきですね。腸内の環境が酷くなり悪玉菌が多くなってしまうと、便の状態が硬くなって体外に出すのが困難になってしまいます。善玉菌優位の状態にすることで腸のはたらきを促進し、長期化した便秘を改善しましょう。


Copyright (C) 2014 デュアスラリアは化学物質の塊で危険?副作用の心配は? All Rights Reserved.

TOP
PAGE